学校長挨拶

神戸市立科学技術高等学校のウェブサイトをご覧いただき、ありがとうございます。

本校は、2004(平成16)年に、神戸市立神戸工業高等学校と神戸市立御影工業高等学校が再編統合し、新総合型工業高校として誕生しました。県下を代表する工業高校として、産業界をはじめ各方面に多くの優秀な人材を輩出してまいりました。

現在は、機械工学科、電気情報工学科、都市工学科、科学工学科の4科があり、生徒一人ひとりの興味・関心や進路希望に応じた専門的な教育を行っています。「未来志向型エンジニア」を育成するため、ものづくり教育とITの連動、ものづくりの実践的・体験的学習、課題解決力の育成、ヒューマンスキルの向上に取り組んでまいります。

生徒たちが、生き生きと笑顔あふれる学校生活が送れるよう、教職員一同、全力をあげて取り組みます。皆様の本校に対するご理解とご協力をお願い申し上げます。

神戸市立科学技術高等学校

校長 森田 哲司