皆さんこんにちは!

GWも終わり、学校活動もいよいよ活発になってきました。
5月中旬には中間考査も控えています。
部活動では総体、資格試験などなど、
学校行事盛りだくさんの1学期もいよいよ中盤です。

さて、都市工学科では今年度より2年生を対象に「企業実習」という授業を設けました。
これは、授業を通じて建設業界について学び、体験し、考える機会を設けることで、
将来の建設業界への進路決定に結び付けると当時に、自分の選んだ進路に自信を持って
進んでいくために建設業に対する正しい理解を育み、就職した際のミスマッチをなくす
ことを目的としています。

この授業では、1年間を通じて様々な企業の方にお越しいただき、
建設業界に関する各テーマに沿ってご講演いただくことで理解を深めていきます。

今回は、第1回目の「企業講義」の授業として
神戸市建設協力会 会長 島田 武幸 様 (株式会社島田組 代表取締役社長)
にお越しいただき、
建設業の社会的役割をテーマに土木・建築の仕事の魅力などをお話しいただきました。

神戸市建設協力会 会長 島田 武幸 様

社会を支える人材として、建設業に携わる志を生徒たちに語って頂き、
そのやりがいの一端を知ることができました。

ご講演の様子

この授業を通じて、しっかりと自分自身の進路選択と向き合い、
自信をもって進路選択し、社会で活躍してほしいと思います。

頑張ろう都市工学科!!

Comments are closed

7.13学校説明会 申込受付中!

X