機械工学科課題研究(探究活動)神戸2024年世界パラ陸上競技選手権 投てき競技プラットフォーム製作活動

5月17日から25日まで神戸総合運動公園ユニバー記念競技場で開催されている神戸2024年世界パラ陸上競技選手権で本校機械工学科の課題研究班が設計・製作した投てき競技のプラットフォーム5基(写真 緑色の鋼材構造物 車いす選手が使用する座位投てき種目の土台)が練習会場で活躍しています。

開会式前日に課題研究メンバー4人が大会組織委員会の方に招待していただき、海外の選手が練習会場で使用しているところをインタビューさせていただきました。

また、リペアサービスセンターを見学させていただき、壊れた競技用車いす等の整備場(アルミの溶接や補強ベルトのミシンなど)を見学させていただきました。最前線で働くプロの仕事を見る事ができ、刺激を受けました。

大会組織員会の方々、リペアセンターのみなさま、ボランティアスタッフのみなさまどうもありがとうございました。本校が製作した練習用プラットフォームが愛用され、選手のみなさまがベスト記録を出せるよう応援します。

本大会の成功を祈念いたします。

科学技術高校は、このように幅広い実践的探究活動ができる学校です。応援よろしくお願いします。

インタビューの内容は、NHK神戸放送局のLive Love ひょうご 6月4日(火)18:30~に放映される予定です。是非生徒の活躍をご覧ください。

7.13学校説明会 申込受付中!

X