6月26日(水)、本校で第1回 JICA防災教育交流会が開催され、都市工学科3学年の課題研究環境防災班の生徒10名が出席しました。

JICA関西より、「中南米総合防災」コースの海外研修員14名(12か国より来日)が来校し、活動の発表や模型を使った災害シミュレーションの実演、ディスカッションなど、親交を深めました。

母国ではさまざま活動をされている海外派遣員の方と、世界中の課題の一つである「防災」で国境を越えた交流ができ、大変貴重な時間となりました。

今後、2学期、3学期にもJICA関西との防災教育交流会を予定しております。

本日の取り組みから得られた課題を次の会に活かし、さらに「防災教育」「国際交流」を深めていこうと思います。

8月オープンハイ 申込み受付中!

X